医局員コラム

■ 新任紹介 ; 赤田 憲太朗

 2010年10月より大学で働かせていただくようになりました5年目の赤田憲太朗と申します。


 大学で働くのは初めてですので、私のことをあまり知らない方が多いと思いますので、自己紹介させていただきたいと思います。

 出身は宗像市で出身校は明治学園です。研修医の2年間は、北九州市立医療センターで研修しておりました。呼吸器科を研修した際に、間質性肺炎急性増悪の症例を経験しました。ステロイドパルスが効き、劇的に回復したことに大変感銘を受けました。そのため、呼吸器内科で一生働こうと決心し入局させていただきました。

 そして入局後は、3年目は霧が丘つだ病院で、COPD、喘息、SAS、4年目は新日鐵八幡記念病院で、挿管が必要な重症肺炎、間質性肺炎、全身管理などを学ばさせていただきました。5年目は、九州労災病院で、主に急性期医療を行ってまいりました。10月からは、産業医科大学病院呼吸器内科でお世話になることになりました。

まだまだ、経験も浅く皆様にご迷惑をかけるかと思いますが精一杯がんばりますのでご指導ご鞭撻の程どうぞよろしくお願いいたします。








文責:呼吸器内科
更新日:2010年10月8日