医局員コラム

■ 近況報告:原 可奈子 (産業医大若松病院)

 4月より若松病院に勤務している4年目の原 可奈子と申します。

 今年4月に産業医科大学分院として開院したばかりの若松病院の近況をご報告させていただきたいと思います。

 若松病院は若松市役所より徒歩おおよそ3分の場所にあります。病院の中庭(3階に散歩ができる中庭があります)から若戸大橋が一望でき、夏には花火大会がきれいに見える若松の一等地?にあります。

 病院としては6年前に立て直したばかりであり、病棟も広くのびのびしています。呼吸器科の病棟は第一内科、第二内科と同じ病棟で、なおかつ合同医局であり他科の先生方にも相談しやすくとても働きやすい環境です。

 呼吸器内科のスタッフとしては診療教授の吉井先生、病棟医長の渡橋先生、外来医長の生越先生とベテランかつ個性的な先生方に囲まれて日々勉強させていただいています。専修医が一人で少しさびしいこともありますが、にぎやかな先生方のおかげで楽しい毎日を過ごしています。

 日常業務としては病棟業務、外来、気管支鏡検査、月・水・金のカンファ、水の救急当番、金の病棟スタッフとのカンファなどを行っています。

 まだまだ、開院したばかりで施設、スタッフともに慣れていないことも多く、本院や他病院の先生方のお世話になることも多いと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。






文責:呼吸器内科
更新日:2011年7月27日