医局員コラム

■ 近況報告:山家 千与 (済生会下関総合病院)


 梅雨も明けて、世間は夏休みとなりました。病院にはおじいちゃん、おばあちゃんのお見舞いにくる真っ黒に日焼けした小学生たちが目立つようになってきました。

 早いもので、当院に赴任し4カ月が経ちました。近況報告ですが、病院のシステムにも慣れて、学会も終わったということで、当院でも毎週木曜日にモーニングカンファレンス(自主勉強会)が始まりました。これまで2回開催されましたが、@過敏性肺臓炎とDPBの症例報告(小畑先生)ACOPDについて(松嶋先生)と勉強になる内容です。

 その他、呼吸器学会の中国地方会に行ってきました。学会会場が倉敷の芸文館だったので、新下関から新倉敷までのんびりこだまに揺られて行きました。研修医の關先生に症例報告をしていただきました。後輩の学会発表の指導など初めてで、關先生には大変な思いをさせてしまいましたが、無事に終わって何よりでした。学会帰りには、伊佐先生と3人で美観地区の中にあるカフェに行きました。人気メニューのフルーツパフェは食べられませんでしたが、おいしいカレーを食べて帰りました。

 いつも小畑先生や松嶋先生や他科のベテラン先生方(そして時には、私の永遠の指導医である神崎先生)にご相談をさせていただきながらの診療で、皆様には大変お世話になっています。今後も少しでもいい診療ができるように、日々成長していきたいと考えています。今後ともご指導よろしくお願いいたします。





文責:呼吸器内科
更新日:2011年8月3日