医局員コラム

新入医局員紹介:内村圭吾 

 20124月より産業医科大学呼吸器内科で修練医としてお世話になります、27期の内村圭吾と申します。

 出身は埼玉県羽生市で、中学・高校は神奈川県横浜市にある私立公文国際学園(あの「やっててよかった公文式」の付属校です)で6年間寮生活をしていました。また、大学時代はギターを弾いてみたり、将棋を指してみたり、文化会会長をやってみたりして6年間を過ごしました。

臨床研修は、クレヨンしんちゃんで有名な埼玉県春日部市にある「春日部市立病院」で行いました。私は小さい頃から外科医である父を見て育ったためか、ずっと外科医に憧れており、研修するまでは外科系に進もうと考えていました。しかし、春日部で研修してみて、様々なことを考える「内科って面白い」と感じられるようになり、また、研修先の個性的な指導医の先生に出会い、内科の中でも「呼吸器内科」を勉強してみたいと考えるようになりました。

 研修医を終了し、専門に進むことが楽しみである反面、不安も多くあります。日々精進し、今の知識を一歩一歩増やし、少しでも患者さんの力になれたらと思います。至らないことが多々あるとは思いますが、御指導御鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

 






           





文責:呼吸器内科
更新日:2012年5月15日