医局員コラム

新任紹介:丈達 陽順
                 

現在、3年目になります丈達陽順と申します。

初期研修は九州厚生年金病院で2年間を過ごし、今年度は飯塚病院で働かせていただいております。初期研修での呼吸器内科研修の時も様々な疾患を経験させていただきましたが、飯塚病院呼吸器内科においても急性期から慢性期の疾患まで経験することができました。また、飯塚病院では外来も担当させていただきました。週1回の外来でしたが、毎回緊張と不安の連続でした。判断に迷うことも多く、周囲の先生方に助言をしていただきながら毎回無事に終えることができました。呼吸器内科の先生方には本当によくご指導していただき、大変勉強になりました。

現在は飯塚病院 総合診療科の重症チームでお世話になっています。ショックの患者や気管挿管等を必要とする重症患者を対象とするチームです。様々な問題点があることが多く、輸液管理等の全身管理の難しさを実感する毎日です。呼吸器内科において挿管患者はもちろん、ショックの患者にも遭遇することが多いため、重症患者における管理をできるだけ経験させていただきたいと思います。

技術的にも知識的にもまだまだ未熟であり、先生方にご迷惑をおかけすることも多々あるかと思います。少しでも先生方のお力になれますよう今後一層励んでいく所存ですので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

                
                                






 



 

 

 

           





文責:呼吸器内科
更新日:2013年4月18日