医局員コラム

■ 近況報告:畑亮輔(済生会下関総合病院) 

 

4月より下関済生会総合病院へ赴任しております。こちらでの業務は、病棟主治医の役割が主立っていて、患者数が呼吸器科でおよそ40名です。下関の医療圏内で呼吸器科があるのが当院のみで、その点で大変だと思います。また、入院中に受け持った患者さんや、高木先生、島袋先生より引き継いだ患者さんについてはそのまま外来で診ています。火・木曜日の午後に気管支鏡検査を行っています。症例数はそれぞれ平均2件です。

他科とは垣根なく相談していますし、病棟師長さんをはじめ、看護師さん、薬剤師さん、メディカルクラークさんにも、助けてもらっています。また、最近は、山口の病院からたすき掛けで産業医大呼吸器科に来る研修医の先生もいて、大変うれしい限りです。こちらでも、研修医の先生に呼吸器科の魅力を感じてもらいたいと思って指導しています。講演会、勉強会は、北九州市のほかにも、下関や山口市の勉強会にも参加しています。先日、下関で川波先生の細菌性肺炎の診療ガイドラインや、網羅的細菌叢解析についての講演があり、とてもわかりやすくて勉強になりました。

 最近では、77日に内科認定医試験(横浜)を受験してきました。症例レポートの添削・御指導では、迎教授をはじめスタッフの先生方にご尽力頂き、本当にありがとうございました。合格の良い知らせを願っています(不合格なら、鳥井先生達と来年もう一回横浜に行って中華街での思い出をまた増やします)719日・20日には、日本呼吸器学会中国四国地方会に参加してきました。小畑診療科長とともに、抗酸菌のセッションで演題発表をしました。

 最後に、83日のBBBに参加できず(親友の結婚式と重なっていました)、とても残念ではありますが、盛り上がって来年もまた開催されるようでしたら、参加したいです。

 医局ブログもチェックしていますので、いつも更新を楽しみにしています。











文責:呼吸器内科学
更新日:2013年9月6日