医局員コラム

■ 新任挨拶:三好千諭

 

去年10月より産業医科大学で勤務しております三好 千諭と申します。

私は産業医科大学を卒業後、九州厚生年金病院で2年間の初期研修を行い、半年間同病院で呼吸器内科レジデントとして勤務しました。研修医のときと違い、3年目になると責任を負うところ多くなったなというのが一番の印象でした。気管支喘息、COPD、気胸、間質性肺炎、肺癌など、様々な呼吸器疾患を数多く経験できたことは大変勉強になりました。なかなか教科書や文献を読んだりすることができず、日々のルーチンワークに追われてばかりでしたので、大学ではしっかり勉強したいなと思います。

大学で働き始めて3ヶ月が過ぎ、感じたことはスタッフが多く、検査の解釈や治療方針についての相談が気軽に行え、また研究会に参加する機会も増えたため専門的な知識を学ぶことができ充実しています。朝の抄読会やカンファレンスも非常に勉強になることばかりで、日々の診療に生かせるよう頑張ろうと思います。

新しい電子カルテやシステムにようやく慣れてきましたが、まだまだ不慣れな点が多く、ご迷惑をかけますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 










文責:呼吸器内科学
更新日:2014年1月31日