医局員コラム

■ 近況報告:島袋活子

 

修練医6年目の島袋活子と申します。産業医科大学呼吸器内科に入局後、済生会下関総合病院、大学病院、霧が丘つだ病院、再び済生会下関総合病院に勤務し、20134月から大学病院で研修させていただいております。

 大学病院では非常に貴重な症例から誤嚥性肺炎の様な一般的な症例も救急搬送されてくることが多く、様々な疾患を経験することができ、日々勉強させていただいております。これまで経験できなかったEBUS-TBNAや胸腔鏡などに関わることができたり、修練医の先生方からも日々いい刺激をうけて勉強になっています。またカンファレンスでは各症例の画像、鑑別に至るまで丁寧に議論され、ご指導いただいております。外科との合同カンファレンスも活発で、内科の症例に積極的に相談に乗っていただくことが多いと感じます。自分の経験した患者さんの外来や、当番の電話を担当する機会もあり、他科からの相談など判断に迷うことが多く、諸先生方にその都度助言をいただき日々緊張しながら望んでおります。また初めて忘年会にも参加させていただき、その盛大さ、クオリティーの高さに衝撃を受け、いい社会勉強になりました。

 20144月からは産業医科大学若松病院に勤務させていただくこととなりました。至らない点が多く、ご面倒をかける機会も多いと思いますが、少しでも先生方のお力になれるよう努力していく所存です。今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


 










文責:呼吸器内科学
更新日:2014年3月31日