医局員コラム

■ 近況報告:鳥井 亮

 

現在、3年目になります鳥井亮と申します。

産業医科大学で初期研修を行い、20134月より産業医科大学呼吸器内科に入局させていただきました。学生時代・研修医時代から顔なじみの先生が多く、すぐに溶け込むことができました。また、同期にも恵まれて毎日楽しく仕事ができています。

毎週行われるカンファでは病歴・身体所見・画像所見からどんな鑑別疾患があがるか、どんな鑑別が最も考えやすいか議論され、非常に勉強になっています。また、珍しい症例を担当させていただいた時には、呼吸器内科の枠をこえて他科の先生や他病院の先生にご教授をいただき、診断に至った経験が多々あり、いい経験をされていただいております。気管支鏡検査に関しても、EBUS-TBNAEBUSガイドシース、胸腔鏡下胸膜生検も経験されていただきました。迎先生をはじめ、諸先生には多くのことを学ばせて頂き、心より御礼申し上げます。

20144月からは萩原中央病院で勤務することになりました。新しい環境の中で学ぶことができることは非常に楽しみでもあり、今までずっと大学で勤務していたので不安もあります。至らぬところがたくさんあると思いますが、今後ともご指導・ご鞭撻の程どうぞよろしくお願いいたします。




 










文責:呼吸器内科学
更新日:2014年4月29日