医局員コラム

近況報告赤田 憲太朗

 

20124月より大学院生、20134月より助教として勤務させて頂いております。大学院1年目は、網羅的細菌叢解析法による肺炎の起炎菌検索の研究を当院医学部微生物学教室と共同で研究を行っておりますが、その検査法を通じて溶菌、PCR、クローニング、精製等の実験手技を基礎から応用まで学ばせていただきました。2年目は、自分に与えられたテーマについて研究を進めております。

 私の研究のテーマは、「マクロライドのβ-lactamase産生抑制効果の検討」、「網羅的細菌叢解析による誤嚥性肺炎の原因菌調査」、「誤嚥性肺炎と口腔衛生」と「気管支喘息におけるNOおよび各NOSアイソフォームの役割の解明」です。いずれのテーマも、未開の分野でエビデンスもなく、世界初の面白いデータも少しずつでており毎日楽しく研究しております。どんどん論文化してく予定ですので楽しみにお待ちください。

 迎先生をはじめ、医局員の先生方の指導、秘書さんや研究助手さんのサポートのもと、わたしも少しずつではありますが確実に前進しているかと思います。また、助教として医局の発展ならびに後輩ドクターの育成が私の責務ですので、これからも精一杯以上に努力いたしますので、今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします。






 

 








文責:呼吸器内科学
更新日:2014年8月19日