ご挨拶


呼吸器内科学 教授 迎 寛

 平成21年7月1日より城戸優光先生の後任として産業医科大学呼吸器病学(現産業医科大学呼吸器内科学)教授に就任しました迎 寛です。産業医科大学呼吸器病学は初代で前教授であられる城戸優光先生が昭和56年に九州大学から産業医科大学第二内科の助教授として赴任し、呼吸器科をスタートされたことでその土台が作られました。その後平成8年には城戸先生が医学部の呼吸器病学の教授となられ、第二内科から独立することにより、その後産業医科大学の呼吸器内科として確実に進歩・発展してきました。また、平成21年度からは呼吸器病学が正式に医学部の講座として開設されるとともに、城戸前教授の後を受け、7月から私が呼吸器病学の教授として新たに赴任しました。

 私は長崎市出身であり、昭和60年に長崎大学医学部を卒業後、同第二内科に入局し、呼吸器グループに所属いたしました。長崎大学第二内科では主に間質性肺炎を中心としたびまん性肺疾患の診療や研究に携わってきました。平成5年に宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)に異動しましたが、その頃は宮崎医科大学に呼吸器内科がありませんでした。呼吸器内科を新しく立ち上げるということで長崎から私がその任を担うことになり、8年間宮崎大学で過ごしました。その宮崎大学では中里雅光講師(現宮崎大学医学部神経呼吸内分泌代謝学教授)と共同で体内に存在する抗菌ペプチドであるデフェンシンの研究を行いました。また、この間には2年間カナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学にも留学させて頂き、産業医学とも密接に関連する内容である大気汚染によるヒトの全身性炎症に関する研究を行いました。平成13年に長崎大学第二内科に戻り、平成21年6月まで長崎大学において呼吸器疾患の診療や研究を行っていました。

 産業医科大学に赴任してから約10ヶ月余が経ちましたが、教室ではかなりの変化が見られております。まずは、今年の4月から当科の名称が呼吸器病学から呼吸器内科学と変わりました。これは学長の和田 攻先生、医学部長の辻 貞俊先生、前任の城戸優光先生をはじめ多くの先生方の御尽力によるものであります。これに伴い医学部の教員数は他の臨床講座とまったく同様となり、今後は正式に医学部の1講座として運営が可能となりました。今後は教育・臨床・研究において、呼吸器内科学教室も他の臨床講座に早く追いつくように頑張っていきたいと考えております。また、約2年前に1号館8階に新しく頂いた医局ですが、ようやく実験室や器具、机も整備ができ、今後は研究も医局内でできるような体制が整いました。今後は研究業績があがるように大学院生を増やす努力をしていきたいと考えております。また、診療に関しましても、北九州市やその近郊においては呼吸器内科医が極端に不足しており、呼吸器内科の専門医を養成し、地域医療に貢献することは急務ですので、本学学生・卒業生に呼吸器疾患のおもしろさをアピールしていくとともに他大学の卒業生にも産業医科大学で研修してもらえるような体制作りを目指していきます。さらに、本学の使命である産業医の育成についても、当科は塵肺症、アスベスト関連肺疾患、気管支喘息等、多くの職業関連疾患を取扱うことから、これらの疾患についてしっかりとした臨床修練の上、優れた産業医の育成についても力を入れていきたいと思っております。

 北九州は私にとって初めての土地であり、産業医科大学も私が勤務してきた長崎大学や宮崎大学とは異なる特色も多く、最初はかなり戸惑うことも多かったですが、少しずつ慣れてきました。まだ新しい出発をはじめたばかりの医局ですが、私と一緒にこの呼吸器病学講座の発展や北九州地域医療の再生に貢献して頂ける人材を広く募集しています。





文責:呼吸器内科学
更新日:2010年6月8日