臨床研修カリキュラム

1, 目的と特徴

 呼吸器内科では、一般内科臨床医としての診療レベルの向上に努めながら、専門分野である呼吸器疾患全般に関しての診療能力・技術の習得を通じて、呼吸器内科専門医の育成を目指しています。当院は、地域の急性期中核病院、がん拠点病院およびリハビリテーションを有する病院としての役割を担い、呼吸器疾患患者に対する医療需要が大きく、呼吸器疾患全般に関しての十分な経験と診断、治療技術の習得が可能です。
  以上の経験をつみながら、内科学会認定医、専門医、日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医などの取得を目標にして、呼吸器内科全般の専門研修を行うカリキュラムです。

2, 研修目標

[一般目標]

  • 医師として必要な基本的姿勢・態度を身につけ、的確な行動ができる。
  • 呼吸器内科医として、多岐にわたる呼吸器診療に必要な臨床経験を通じて、その予防から診断、治療まで幅広い診療を行える。
  • 日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医 認定資格を取得する。
  • 学会等で積極的に発表を行う

[経験目標]

 日本呼吸器学会研修カリキュラム、日本呼吸器内視鏡学会気管支内視鏡医専門医試験ガイドラインの内容に準じた研修に基づき、検査、治療、症例の経験を重ねる。
 具体的には、腫瘍性疾患(肺癌や縦隔腫瘍など)、呼吸器感染症(肺炎や抗酸菌感染症など)、COPD(肺気腫など)、アレルギー性肺疾患(気管支喘息など)、びまん性肺疾患(じん肺や間質性肺疾患など)、胸膜疾患(気胸など)、呼吸不全(人口呼吸器を必要とする病態など)などの患者を診療し、胸部画像診断、気管支鏡検査、酸素療法、人工呼吸器療法、薬物療法などに習熟することを目標にする。

最短で各々の認定医、専門医を取得した場合

注)各々の学会に入会することが必要です。
日本呼吸器学会専門医、総合内科専門医の受験資格は内科学会認定医取得後3年後からです。
当科の研修ではそれぞれの認定医、専門医の受験資格要件を十分に満たします。

3, 週間スケジュール

2010年4月より、毎週火曜日と金曜日の朝は当科の医師が輪番で呼吸器疾患に関するモーニングミーティングを始めました!

今までのモーニングミーティングはこちら

教授回診教授回診
教授回診

4, その他のスケジュール

カンファレンスへの参加 呼吸器内科・外科・放射線科・病理部合同カンファレンス(不定期)
剖検検討会(年3〜6回)
地域研究会への参加 呼吸器かけこみ寺の会(年6回)
北九州呼吸器懇話会(年4回)
小倉呼吸器研究会(年2回)

5, 専門修練医、大学院生

 当科では随時産業医科大学卒業者だけでなく、他大学からの研修、入局、大学院生も受け付けています。
 産業医科大学卒業者のカリキュラムと違い、他大学卒業者は産業医として勤務する義務はありません。
 また当大学病院の専門修練医は当科の関連施設での兼業が可能です。関連施設はこちら

専門修練医(医師3年目以降)の処遇

身分 常勤医師
勤務時間 8時30分〜17時15分
日当直 数回/月(日当直料あり)
給与 卒業年次により異なりますが、月額約500,000円〜700,000円、ボーナスなし。
保険、住宅(若干数)、定期健康診断あり。

大学院生の処遇や具体的なお問い合わせはこちらにいつでもお問い合わせください。


文責:呼吸器内科学
更新日:2009年10月14日