赤田 憲太朗(あかた けんたろう) 助教 

出身大学;産業医科大学 医学部(2006年卒)

 

専門分野;呼吸器一般、感染症

 

現在の研究テーマ;β-ラクタマーゼに対するマクロライドの新作用、誤嚥性肺炎の病態解明、気管支喘息におけるNOおよび各NOSアイソフォームの役割

 

趣味;読書

 

一言;微力ながら皆様のお力になれるよう精一杯努力精進する所存です。今度ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

 

 

<主要論文>

1) Akata K, Chang B, Yatera K, et al. Distribution and annual changes in Streptococcus pneumoniae serotypes in adult Japanese patients with pneumonia. J Infect Chemother, in press, 2015.

 

2) Akata K, Kawanami T, Yatera K, et al. In-hospital tuberculous airborne infection from a lesion of calcified pleural thickening during thoracic surgery in a patient with lung cancer. Internal Medicine, in press, 2015.

 

3) Akata K, Yatera K, Aoki T, et al. Disseminated Pulmonary Penicilliosis in a Rheumatoid Arthritis Patient. J Thorac Imaging 29:W14-6, 2014.

 

4) 赤田憲太朗, 矢寺和博, 川波敏則,他:潜在性膿胸の石灰化病変の破綻により急速に進展した胸囲結核の1. 結核 89607-11, 2014.

 

5) Akata K, Yatera K, Ishimoto H, et al. Two Cases of Everolimus-associated Interstitial Pneumonia in Patients with Renal Cell Carcinoma. Internal Medicine 50:3013-7, 2011.

 

6) 赤田憲太朗, 他:10年以上長期生存が得られた早期食道原発悪性黒色腫の1例. 外科 70562-5, 2008.

.

 

 

 




文責:呼吸器内科学 赤田 憲太朗
更新日:2015年7月27日