山ア 啓(やまさき けい) 助教 

出身大学:産業医科大学(2002年卒)

留学先:なし

専門分野:呼吸器一般(間質性肺炎、細菌性肺炎、抗酸菌感染、COPD、気管支喘息、肺癌など)

現在の研究テーマ:非結核性抗酸菌症、肺炎

趣味:研究

一言:北九州からエビデンスを発信できるよう頑張って行きたいと思います。

 

 

<主要論文>

1)      Yamasaki K, Kawanami T, Yatera K, et al. Significance of anaerobes and oral bacteria in community-acquired pneumonia. PLoS One 5:63103, 2013

2)      笹原陽介,山ア 啓,矢寺和博,他:特徴的な画像所見を呈したウエステルマン肺吸虫症の1例.呼吸32272-273, 2013

3)      山ア 啓,矢寺和博,赤田憲太朗,他:セファドロキシルが原因と考えられた薬剤性非心原性肺水腫の一例.日本呼吸器学会雑誌1238-2862012.

4)      Yatera K, Yamasaki K, Mukae H et al: A case of successful treatment with Polymixin B-immobilized fiber column direct hemoperfusion in acute respiratory distress syndrome after Influenza A infection. Intern Med 50:601-605, 2011.

5)      矢寺和博,山ア 啓,他:JGL2009治療ステップ3以上の成人気管支喘息患者に対する高用量サルメテロール/フルチカゾン配合剤から高用量ブデソニド/ホルモテロール配合剤への切り替え効果の検討. アレルギー・免疫1896-1062011

6)      啓,吉井千春,西田千夏,他:抗GM-CSF抗体が診断の一助となった早期肺胞蛋白症の1例.日本呼吸器学会雑誌46712-7162008.

7)      山ア 啓,矢寺和博,西田千夏,他:多発嚢胞を伴った強皮骨膜症の1例. 呼吸26950-9512007.

8)      啓,矢寺和博,西田千夏,他:禁煙後2ヵ月で嚢胞性変化が改善した肺好酸球性肉芽腫症の1例.呼吸26862-8632007.

 

 




文責:呼吸器内科学 山ア 啓
更新日:2013年5月13日