循環器内科・腎臓内科 ご挨拶

循環器内科・腎臓内科 ご挨拶

2014101

 

産業医科大学若松病院は平成 23 4 月に開院した産業医科大学の関連施設です。循環器内科・腎臓内科は循環器内科2名、腎臓内科1名、産業医学修練医(後期課程)1名の計4名の医師で診療を行っております。

循環器内科外来は月曜日から金曜日まで毎日、午前・午後(受付1430まで)診察しており、受付時間外でもご紹介・急患には可能な限り対応いたします。検査は冠動脈CT64列)、心エコー、運動負荷心電図、ホルター心電図、血管エコー、血圧脈波検査、睡眠時無呼吸検査など、心臓カテーテル検査・心筋シンチ検査以外の循環器関連の検査はほぼ施行可能です。特に睡眠時無呼吸症検査は、ご紹介があれば外来簡易検査から終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG検査)まで施行可能で、持続性陽圧呼吸(CPAP)治療導入も積極的に行っております。 

腎臓内科外来は火曜日と金曜日の午前中ですが、ご紹介・急患には柔軟に対応いたします。血液透析は行っておりませんが、慢性腎臓病の教育入院、ネフローゼ症候群や慢性腎不全等の入院治療、最近は腹膜透析導入症例の受け入れに力を入れております。

また平成24年より心大血管疾患リハビリテーション(心リハ)室が設置され、現在外来(午後)と入院の両方で行っており、これまでに延べ5,000件の実績があります。当院の心リハはリハビリテーション科と共同で運営しているのが特徴です。

現在冠動脈インターベンション治療やペースメーカ植え込み等の侵襲的治療は行っておりませんが、必要症例には産業医科大学病院と連携し迅速に対応しております。患者様が受診しやすい開かれた診療科を目指し、若松区の地域医療に貢献できるよう全力で取り組んでおります。 

                

循環器内科・腎臓内科 診療科長 沼田 哲也