循環器内科・腎臓内科 睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群とは、いびき、日中の眠気、寝たのにすっきりしない、などの自覚症状があり、10秒以上の無呼吸が一時間に5回以上生じている病気です。肥満の方や高血圧のある方に多いことが知られています。無呼吸図1.jpg

 2003年のJR西日本山陽新幹線運転士の居眠り運転騒動から、広く知られるようになりました。眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療が必要です。

 

原因

 睡眠時無呼吸は、上気道(空気の通り道)が閉塞することで起こります。閉塞の原因は脂肪沈着、扁桃肥大、アデノイドなどが挙げられ、肥満の方に多いのですが、日本人の場合顎が小さいために気道が狭くなるひともいます。そのため、痩せていても睡眠時無呼吸をきたすかたもいらっしゃいます。

 

症状

 いびき、日中の眠気、起床時の頭痛、不眠、インポテンツなど

 

   無呼吸図2.jpg

睡眠時無呼吸が及ぼす悪影響

 高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中、全身倦怠感、集中力の低下、認知症など

 眠気→交通事故の危険性

 

検査について

 無呼吸の指摘、睡眠時無呼吸の疑いがある場合は専門医療機関に受診しましょう。睡眠の状態や自覚症状について質問させていただき、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、入院して就寝時の状態を検査させていただきます。

外来 スクリーニング検査

 簡易型ポリソムのグラフィー検査を使用しています。

 鼻に呼吸センサーのついた管、指に血液内の酸素濃度を測る機械を取り付 け、寝ていただく検査です。自宅で検査が可能です。

入院 ポリソムノグラフィー検査

 昼過ぎに入院いただき、1泊2日で行います。心電図や脳波、呼吸センサーなど多数の機器を取り付けて寝ていただく検査です。痛みもありません。

 翌日朝退院、後日外来にて結果説明を行います。

 

治療について

 睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、治療法を検討します。治療はCPAP(Continuous Positive Airway Pressure: 経鼻的持続陽圧呼吸療法)治療、歯科装具(マウスピース)、手術の3つに分けられます。

CPAP治療

 最も有効性が高く安全な治療法です。鼻からマスクを介して呼吸に合わせて空気を送り込み、睡眠中に気道が狭くなるのを防ぎます。

 

無呼吸図3.jpg

 

 日本では、健康保険で中等度以上の睡眠時無呼吸症候群の方は保険適応です。治療効果は、翌朝から眠気の軽減を実感される方もいますし、そうでなくとも徐々に実感されます。中には当初マスクや空気の違和感が強く感じられる方もいますが、徐々に慣れていきます。もしくはマスクや空気圧の調整を行うことで違和感を緩和することができます。費用は健康保険3割負担で月5000円弱程度です。

 ただし、健康保険でこの治療を受ける場合には毎月必ず外来受診をする必要があります。

 

  無呼吸写真1.jpg

 

マウスピース

 いびき症の方、軽症の無呼吸の方に有効な治療法です。無呼吸症で使用するマウスピースは一般的な歯ぎしり防止や歯列矯正に使用するものとは異なります。下顎をやや前方に突き出して保持するように作成されたもので、これにより睡眠中に気道が狭くなるのを防ぎます。個人個人の歯型に合わせて作られる特殊なマウスピースなので、総入れ歯や重症の顎関節症の方は使用できません。

 マウスピースは歯科で作成しますが、無呼吸用のマウスピースは特殊であるため

 全ての歯科で作成できるとは限りません。

 作成の際にはご相談ください。

 

  無呼吸写真2.jpg

 

手術

アデノイドや扁桃肥大が原因である場合、摘出が有効であることがあります。

 

無呼吸図4.jpg

 

当院での検査件数とCPAP導入件数

 

 ポリソムノグラフィー検査件数

 CPAP導入件数

 平成23年

 14件

 12件

 平成24年

 52件

 38件

 平成25年(9月まで)

 58件

 30件

 

 CPAPを導入されていない方は、生活習慣の改善やマウスピースにて加療中です。

 着実に件数は増加しており、CPAPを導入された多くの患者様は日中の眠気も改善を自覚されています。