循環器内科・腎臓内科 心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは?

 「心臓リハビリテーション」とは、心臓に病気を抱えた患者さんが、身体的にも精神的にも無理なく日常生活や社会へ復帰できるように行うリハビリテーションのことです。最近、特に注目を浴びており、当院でも積極的に行っています。

 

 心筋梗塞、狭心症、心臓手術後など心臓に病気を抱えた患者さんは、心臓の働きが低下しているだけでなく、特に入院中は治療のために安静にしています。しかし、そうすると筋力や自律神経のバランスが低下してしまいます。

 この状態で退院すると、足腰が弱って動けないですし、普段の生活ではどのくらい動いていいのかも分からない、これまでと同じ仕事もしてよいのか、また退院していつからしていいのか分からない、そして退院後の食事についてもこれまでと同じでよいのか分かりません。

 これでは、せっかく退院しても日常生活を送る上で不安な毎日を送ることになってしまいます。リハビリ図1.jpg

 心臓リハビリテーションでは、低下した体力を安全なやり方で回復させ、生活指導を併せて行うことで、身体的にも精神的にも自信をつけることができます。

 また、運動により、心筋梗塞や狭心症など動脈硬化が原因で起きる心臓の病気を防ぐことができます。

 心臓リハビリテーションとは、心臓病の患者さんが、低下した体力を回復し、精神的な自信を取り戻して、社会や職場に復帰し、さらに心臓病の再発を予防し、快適で質の良い生活を維持することをめざして、運動療法、患者教育、生活指導、カウンセリングなどの総合的にサポートするプログラムなのです。

 

心臓リハビリの内容

 心臓リハビリは、病気の時期によって内容が異なります。リハビリ図2.jpg

 まず、急性心筋梗塞の発病や心臓手術の手術日から1~2週間は「急性期リハビリ」と呼ばれています。

 入院中に一般病棟で洗面、排便、シャワー浴、廊下歩行など身の回りの動作ができるようになることが目的です。急性期の治療や心臓機能評価とともに、徐々にリハビリの負荷量(活動量)を増やし、生活指導をします。

 発病から2~3か月間は「回復期リハビリ」と呼ばれており、退院して社会、または職場に復帰することが目的です。

リハビリ図3.jpg リハビリの場所は、入院中のリハビリから「外来通院リハビリ」や「在宅リハビリ」に移ります。内容は、運動負荷試験などの機能評価検査、積極的な運動療法、そして仕事への復帰の問題、不安などの心理的問題、食事療法などについて適宜相談をします。

 社会復帰ができれば心臓リハビリが終了かというと、そうではありません。回復期に引き続き生涯にわたる「維持期リハビリ」が必要です。

 維持期リハビリは、病院で行うリハビリから卒業し、在宅あるいは地域の運動施設などで自ら運動療法を行い、二次予防、つまり再発予防のために食事療法や禁煙を続けます。「生涯にわたる快適な生活の維持」が目的です。

 当院では急性期・回復期リハビリを積極的に行っています。

 

当院での心臓リハビリテーション

 H23に当院が開設されてから、心臓リハビリテーションを積極的に進めてきました。その結果、参加者人数は増加し、欠席される方もほとんどいません。

 モニターだけでなくスタッフの細やかなチェックで厳格な安全管理体制でありながら、笑いの絶えない和やかな雰囲気で運動をしていただいています。

リハビリ写真1.jpg 

 心リハ中の風景1 軽やかな音楽が流れる中、リズムに乗りながらストレッチをしたり、

リハビリ写真2.jpg 

心リハ中の風景2 自転車漕ぎをしたりと、個人個人の心臓機能に合わせたプログラムを行っています。自転車漕ぎをしている間、目の前には若松の緑豊かな風景が楽しめます。

リハビリ写真3.jpg 

毎回リハビリ開始前に体調のチェックを行います。

また、適宜生活指導や栄養指導を受けます。

実施件数.jpg 

図1.心リハ延実施件数

平成24年5月から心臓リハビリを開始し、徐々にリハビリ実施件数も増えています。