産業医科大学 泌尿器科学

HOME

ご挨拶

教授 診療科長
専門 泌尿器科腫瘍診断治療
藤本 直浩

 産業医科大学泌尿器科のホームページをご覧いただき有難うございます。

 産業医科大学泌尿器科は昭和53年に開講し、杉田篤生名誉教授、松本哲朗名誉教授に続きまして私が三代目として教室を引き継いでおります。

 産業医科大学泌尿器科では、まず受診していただく皆様、またご家族の方々のご期待に可能な限りこたえられるように心掛けて診療を行っております。泌尿器科の分野でも診断や手術・治療法の進歩は目覚ましいものがあります。その進歩を有効に活用し、さらにその進歩に寄与できるようにするためには、日々の研鑽が欠かせず、教室員一同日々努力しております。診療内容としては副腎、腎尿管、膀胱、前立腺、精巣などの腫瘍、尿路性器感染症、高齢の方に多くみられる排尿困難、頻尿、尿失禁などの排尿障害、小児、尿路結石症、外傷などの救急疾患等いろいろな泌尿器科疾患に対応できるようにしております。治療はそれぞれの患者さんによって、からだに対する負担を軽くする事とできる限りの積極的な治療をする事のバランスを常に考えながら診療を行っております。日本は、これまでにない高齢化社会を迎えて、泌尿器科が果たす役割も急速に増加しております。世界中の人々が経験したことのない高齢化社会の問題点を日本がどう解決していくかは、世界中から注目されているところです。泌尿器科としてこの高齢化社会をより良いものにできるよう努力して参ります。

 研究につきましては、悪性腫瘍、尿路性器感染症、排尿機能障害を中心に基礎的・臨床的研究を継続して新たな情報を発信したいと考えます。

 大学医学部としては、社会に貢献できる立派な医師を育てることが重要な課題であり、教育・指導と研修病院の整備などそれぞれが能力を伸ばせるような環境整備を継続していきたいと思います。

 また、産業医科大学は産業医の育成を目指した目的大学であり、産業医の育成にどう貢献していくかも大きなテーマです。泌尿器科医として産業医学に貢献できることを考え、産業医学の中での泌尿器科学分野の確立が目指せること、逆に産業医学から泌尿器科学に貢献できることがたくさんあります。泌尿器科専門医を持った本学卒業生よる産業医学関連の仕事があり、今後もこの双方向のアドバンテージを最大限に生かしていきたいと思います。

 産業医科大学泌尿器科は患者の皆様に信頼され、役に立つ情報を発信できる研究を行い、優秀な泌尿器科医・産業医を育成するために日々努力をしております。泌尿器科学講座は所属している者それぞれが自分の存在価値、社会的役割、仲間との一体感や成長を感じながら、忙しくともQOL (生活の質)が高く、満足な日々を過ごせるような理想的な職場に少しでも近づけるように努力して参ります。各個人の能力を伸ばし教室を充実させることにより皆様の健康に貢献できる組織としたいと思います。

 研修希望の方はもちろん、それ以外でも興味がある方は是非産業医科大学泌尿器科へご連絡ください。お待ちしております。

 今後とも産業医科大学泌尿器科をよろしくお願いいたします。

新着情報

文責:産業医科大学泌尿器科学
更新日:2016/5/24

© 2015 産業医科大学 泌尿器科

PAGE TOP