IR推進センターについて

概 要

本学では、令和2年度に受審した大学基準協会による「大学評価(認証評価)結果」の総評において、内部質保証システムを十分に機能させ、問題点を解決するとともに、本学の理念・目的に沿った特色ある取り組みを一層発展させることが求められています。また、令和4年度には日本医学教育評価機構(JACME)による医学教育分野別認証評価の受審を控えており、より質の高い教育研究に係る内部質保証の推進が急務となっています。IR推進センター(Institutional Research Center)は、内部質保証の要の部門として令和2年4月に設置されました。

役 割

教育研究に係る内部質保証を推進する教育研究質保証推進委員会と連携し、大学教育・研究に関する目標・事業計画の進捗状況の評価に必要なデータ及び分析結果の提供を行い、全学的な教育研究活動における適切なPDCAの推進を支援することを目的としています。

より多くの質の高い産業医及び産業保健専門職を養成・輩出するため、各部署に散在する入学前から卒後に至る多様なデータを縦断的に収集・分析し、学生募集、教育研究活動、キャリア支援に係る効果的なエンロールメント・マネジメント(入試−入学−在学−卒業−卒後までを一貫してサポートする総合的な学生支援策)に関する情報を管理し、各学部等からの分析依頼に対して分析結果をフィードバックするとともに、収集したデータに基づき改善施策の提案を行い、大学運営の意思決定に寄与することを目指しています。

組織体制・業務内容

センター長(副学長(教育・研究担当))、副センター長(准教授)、助教、事務担当(課長代理・兼務)、補助職員の5名体制で、調査設計業務、収集業務、分析業務、検証業務、報告業務、委員会運営業務、学内会議等出席、研究活動業務、自己点検・評価報告業務を中心に活動を行っています。

産業医科大学IR推進センター概要
TOP