sss

概要

産業医科大学医学部麻酔科学教室について

 麻酔科学教室は1978年(昭和53年)4月に産業医科大学開校と同時に開設され、重松昭生先生が初代教授として就任されました。翌年7月に産業医科大学病院が開院し、当初は数少ないスタッフで臨床麻酔に重点が置かれ、手術を受ける方の安全性に努めてきました。その後、多くの麻酔科医が輩出され、市中の主要病院はじめ全国の労災病院に常勤麻酔科医を数多く派遣するなど、地域医療の充実に寄与してきました。重松昭生先生は産業医科大学病院院長、産業医科大学学長を歴任されました。
 手術の安全性のさらなる追求、地域医療への質の高い医療サービスを支柱として、2003年(平成15年)8月、当講座の二代目教授として佐多竹良先生が就任されました。臨床・研究・教育を通じて人間性豊かで有能な医療人を育成することを目標に、スタッフ全員、日々全力を注いできました。佐多竹良先生は産業医科大学若松病院病院長、産業医科大学病院長を歴任されました。平成27年3月、麻酔科学教授を退官されましたが、現在も産業医科大学病院院長として御活躍中です。
 2015年6月、第三代教授として川ア貴士先生が就任し、麻酔科学教室の更なる躍進、発展、明るい未来に向かって教室員一同、研鑚を続けています。

産業医科大学 産業医科大学 若松病院耳鼻咽喉科
お知らせ

文責:産業医科大学 麻酔科学教室
更新日:2015年12月28日

PAGE TOP