head_img

ようこそ、労働衛生工学研究室のホームページへ

〜労働衛生工学の概要〜

 労働衛生工学とは、作業環境において健康障害などを引き起こす環境因子(粉じん、有機溶剤蒸気、騒音、温度湿度など)を認識し、その濃度や強度を評価し、その発生源などを制御する方策を考える科学技術です。
 労働衛生の三管理(作業環境管理、作業管理および健康管理)のうち、特に作業環境管理と一部の作業管理に必要な知識と技術を提供します。これらの管理は環境因子による健康障害の知識と密接に関連するので、産業医が中心的に活動することが期待されています。
 本研究室では、作業環境管理を的確に実施するために必要な労働衛生工学の基礎から応用までの知識を教育するとともに、粉じんを中心に環境有害因子の有害性と曝露の評価方法ならびに作業環境改善に関する実践と、さらにこれらを産業の場を活かすために必要な計測技術の開発および生体影響評価への応用を行います。

photo


 

最新情報&更新情報

2021.12.23 コースI(研究所)関係の研究室説明会の開催予定のスケジュールにリンクしました。

2021.12.22 1/25(火)にオンラインで労働衛生工学研究室の説明会を開催予定です。キャリア支援課卒後修練係のZoomアカウントを用いて行う予定です。事前準備のため希望者は事前にメールにてご連絡ください。

2021.12.15 12/14(火)に5年生を対象とした産業医学卒後修練課程制度の説明会が実施され、全体説明会の後にオンラインで専門産業医コースTの説明会が行われました。第2回専門産業医コースT合同説明会は2/16(水)に開催予定です。各部門や研究室の説明会も随時開催される予定です。

2021.09.27 9/29(水)に快適環境部門の基礎研究室配属合同発表会が開催される予定です。

2021.09.24 10/16(土)に開催予定の2021年度 日本産業衛生学会 九州地方会学会において特別講演を行う予定です。

2021.09.17 9/16(木)に第29回産業生態科学研究所合同研究発表会が開催され、第1部の研究活動について快適環境部門の研究紹介として架橋性ポリマーの吸入曝露実験の研究発表と、第2部の新型コロナウイルス感染対策の研究紹介として呼吸用保護具およびプロテクタ類の飛沫飛散防止効果の研究発表を行いました。

2021.09.09 9/6(月)に保利先生に「作業環境管理に関するわが国の歩み」について3年次基礎研究室配属学生への講義を行っていただきました。

2021.08.16 令和3年度産業医学基本講座(東京開催)において作業環境管理関連の講義・実習を行います。また、8/30(月)-31(火)に開催予定の大規模災害対応講習会において個人用保護具の講習を行います。

2021.08.01 7/31(土)佐賀県医師会産業医研修会において作業環境管理関連の講義を行いました。

2021.07.05 7/27(火)-29(木)および8/3(火)-5(木)に北九州国際会議場にて産業医学基礎研修会令和3年度夏期集中講座において作業管理の講義および保護具の実習を行います。

2021.07.02 呼吸病態学研究室、北九州市立大学櫻井研究室と合同Webセミナーを行いました。

2021.06.28 3年次基礎研究室配属で学生4名が配属されました。

2021.06.01 6/1(火)〜本学にて実施の令和3年度産業医学実務講座において作業管理および作業環境管理関連の講義・実習を行います。

2021.04.19 4/16(木)-17(金)に本学にて令和3年度産業医学基本講座において作業環境管理関連の講義・実習を行いました。

▼ 過去のお知らせ

 

ページトップに戻る