首都圏専門的産業医等養成支援事業『東京プロジェクト事業』

(趣 旨)

 

  産業医科大学では、産業保健専門職を志望する方やさらなる技能の向上を目指す方をはじめ企業において人事労務を担当される皆様に対して、本学が長年蓄積してきた産業医養成に関する知識やノウハウを広く積極的に還元するとともに、本学の卒業生が多くの企業をはじめ各分野で産業保健活動の中心となって活躍する状況をさらに支援したいと考え、首都圏において次の支援事業を実施することとなりました。

 

 

〇教育・研修事業

 

 《首都圏 産業医学基本講座  平成30年6月開講予定
  首都圏において、主に本学医学部以外を卒業した医師で専門的な産業医をめざす方に対して、体系的な研修を行い、産業医学・産業保健の分野に関わる高度な人材を育成する講座です。

 

 《産業医学分野別講座  平成30年6月開講予定
  首都圏基本講座の開講期間に併せ、当該講座を体系的に整理した7つの分野別講座及び単一科目のみ受講できる講座です。

 

 

〇情報発信・啓発事業

  産業保健の活動領域が広がる中、産業保健に従事する皆様の相互の情報交換や研鑽し高め合う場を設けることが求められています。そこで、ⅰ)産業医、保健師、衛生管理者、作業環境測定士等、ⅱ)臨床医、看護師等、ⅲ)企業の人事・労務担当者又は経営企画担当者、ⅳ)高校生、保護者、教員等を対象に①多様なセミナーの実施、②各種相談及び③「集いの場」を提供するという事業です。
  この中で、平成29
年度は、まず多様なセミナーの開催をスタートさせます。

 

(事業内容)

  1)セミナー:平成29年度後期より順次開催予定


    首都圏プレミアムセミナー は、こちら

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.