看護師 有吉 優花 さん

産業医科大学若松病院

さまざまな疾患に対応する混合病棟。回復を手伝い、やりがいを感じる毎日です。

有吉 優花さん
福岡県・八幡高校出身

看護師としてのやりがいを感じる、さまざまな疾患に対応する混合病棟。

担当している4W病棟は、整形外科・婦人科・消化器・一般外科の混合病棟。いろいろな疾患を診ることができるのがメリットで、私が若松病院を志望した理由でもあります。痛みも入院期間もさまざまなだけに、どんなケースにも対応できるようにより勉強が必要。手術後、徐々に回復していく段階を手伝い、感謝された時などは、看護師としてこの病院で働けてよかったと感じます。
 産業医科大は、大学病院が隣接していることから、実習環境が充実。病院の診療科目をすべて現場実習でまわるので、自分に合う科目や仕事もわかります。臨床の医師による講義を受けられること、部活動などを通しての医学部生との交流も、国家試験の勉強や今の仕事にも役立っています。
 

看護師・保健師、ふたつの資格を取得。この先の興味も大きく広がっています。

 看護師はペアで動くのですが、自分たちだけでなく、他のペアも補完するなど、みんなが気配りし合えるいい関係が築けています。看護師も保健師も人との関わりなしに仕事は行えないもの。この道をめざすなら、学生のうちからコミュニケーション力を高めておくといいと思います。
 自分が整形疾患で産業医科大学病院に入院した経験から、スポーツ整形に興味を持っています。今後は、認定看護師などをめざし、さらに専門的な知識を習得していきたいですね。在学中に保健師の資格も取得しているので、保健師の仕事もしてみたい。産業医科大は、看護だけでなく、志望者は保健師受験のカリキュラムも専門的に学べる大学だから、卒業後の選択肢も広がっています。

産業医科大学大学案内2021から抜粋