看護師 山本 舞香 さん

産業医科大学病院/放射線・血液内科

その場の状況に応じて、自分から何事にも対応できる看護師を目指して、勉強と努力の毎日です。

山本 舞香さん

山本 舞香さん

慢性期の患者さんが多い病棟で、個別性のある看護を担当。

 現在担当しているのは、入退院を繰り返している慢性期の患者さんが多い病棟です。治療が長期にわたるので人間関係が築きやすく、より個別性のある看護ができると言えます。

 大学時代の実習時に、医療スタッフの雰囲気のよさ、働きやすさを感じて産業医科大学への入職を志望しました。今、チームワークにも恵まれ、自主的に頑張れる職場です。これから外科など他の病棟でも経験と勉強を重ねて、新たな技術や知識を身に着けたい。そして、その場の状況に応じて自分から何事にも対応できる看護師を目指しています。

先輩たちの姿を通して、自分の将来をイメージできた学生時代。

 学生時代から大学病院で働く看護師の姿を見ていたこと。先輩たちからも仕事の話をよく聞いていたことで、自分の将来像もイメージしやすかったですね。医師になった先輩とも在学中に部活などを通して面識があり、細かいことも相談や報告がしやすいのも、産業医科大学で学んでよかったと実感する点です。

 看護師や保健師になるための勉強や実習は大変なこともありますが、同じ夢を持つ仲間ができ、互いに成長できます。働く環境にも視点を向けた産業看護を学んだことは社会人としても大きく役立っていくと思います。

産業医科大学 大学案内2020から抜粋