お知らせ

■ 当院の新型コロナウイルス対策
  安全安心な医療を提供 安心して病院をご利用ください
  患者さんへのお知らせとお願い

■ 開館時間は8時15分です

■ 再診の方は1階の再来受付機で番号票を発券してください(2022.1.4~)

診療受付時間のご案内

受付時間
 ※診療科ごとに診療日が異なりますのでご注意ください。
初診 午前 8時30分~11時00分
午後

13時00分~14時30分 (形成外科、一部専門外来)

再診 午前 8時30分~11時00分
午後 13時00分~14時30分

診療日を確認する


休診日

土・日祝日、年末・年始
(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日

形成外科

形成外科は、先天性あるいは後天性な身体外表の形状・色の変化など対象とし、これを外科的手技によって機能もとより形態解剖学的に正常にすることを手段とし個人を社会に適応させることを目的としています。


おもな診療内容は以下のとおりです。

 

外傷、熱傷、手術後の瘢痕治療

さまざまな原因での瘢痕に対し、外科的療法を中心に行います。


外傷治療

体表面の外傷、顔面骨骨折等に関して形成外科的な技術を用いて縫合、再建を行います。


難治性潰瘍、褥瘡の外科的治療

糖尿病性、血管障害による難治性潰瘍や褥瘡に対し外科的治療を中心に行います。皮膚灌流圧の導入により糖尿病、透析、血管閉塞疾患等による四肢難治性皮膚潰瘍の的確な評価のもとに治療を行っております。また院内外における褥瘡、潰瘍治療の保存的療法に関してもアドバイスもしております。


レーザー治療

単純性血管種、いちご状血管腫、毛細血管拡張症における色素レーザー治療(Vビームレーザー)を行っています。またスキャナー付炭酸ガスレーザーを用いて、皮膚小腫瘍の治療において従来より少ない瘢痕形成を目指した治療を行っています。

体表面の先天異常

種々の先天異常において形成外科的な治療が必要な疾患に対して治療を行います。領域がまたがる疾患については本院小児科や整形外科等と連係し、治療にあたっています。


他科に対する支援手術

他科手術において腫瘍切除後等で広範な皮膚欠損創が生じた場合や、術後の難治性潰瘍が生じた場合等において植皮、皮弁、筋皮弁、遊離皮弁等の術式を用いた再建手術を行っています。
 
頭頸部再建
 頭頸部癌治療において、主科である耳鼻科や口腔外科を中心としたチーム医療の一翼を担っています。
 口腔癌や咽頭癌手術後の欠損に対して主に遊離皮弁を用いて合併症を予防し、嚥下や会話などの機能を維持し、整容面にも配慮した再建を目指しています。
乳房再建;
 インプラントを用いた人工物による再建および、広背筋皮弁や腹部穿通枝皮弁による自家組織再建を行っています。
 再建時期に関しては、乳癌切除と同時におこなう1次再建、または乳癌治療が落ち着いた後におこなう2次再建ともに行っています。

その他

先天性眼瞼下垂や加齢による後天性眼瞼下垂の紹介が増えてきています。加齢によるものは夕方になると眼瞼が下がる、額にいつもしわがよっている、慢性の肩凝りや頭痛があるとういう方は、眼瞼下垂の可能性があります。手術により改善する場合がありますので御相談ください。


また陥入爪(まき爪)に対して形状記憶合金ワイヤーによる矯正も行っています(保険外診療)。従来の手術に比べ痛みもなく改善がみられますのでご相談ください。

外来診療区分

時間帯

午 


紹介、初診
再診(予約)

午 後

紹介、初診
再診(予約)

外来手術

紹介、初診
再診(予約)

外来手術

紹介、初診
外来手術

専門分野別の外来診療担当医表はこちら



スタッフ紹介

講師
兵藤 伊久夫(ヒョウドウ イクオ):診療科長

  • 専門分野   

形成外科一般、再建外科


  • 学会認定医等

日本形成外科学会専門医、日本創傷外科学会専門医、再建・マイクロサージャリー分野指導医

形成-兵藤伊久夫.jpg

助教
佐竹 寛サタケ ヒロシ:医局長、病棟医長

  • 専門分野   

形成外科一般


中村 佑紀(ナカムラ ユキ):後期修練医


岩本 晃一(イワモト コウイチ):後期修練医


竹本 圭吾(タケモト ケイゴ):後期修練医 


伊藤 哲(イトウ テツ):後期修練医

臨床研究



日本形成外科学会認定施設、日本熱傷学会熱傷専門医認定研修施設

直通電話 093-691-7324    病棟直通電話 093-691-3468