新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

本院のコロナ対策 安全安心な医療を提供 安心して病院をご利用ください

患者さんへのお知らせ・お願い

■ 開館時間は8時15分です。

診療受付時間のご案内

受付時間
 ※診療科ごとに診療日が異なりますのでご注意ください。
初診 午前 8時30分~11時00分
午後

13時00分~14時30分 (形成外科、一部専門外来)

再診 午前 8時30分~11時00分
午後 13時00分~14時30分

診療日を確認する


休診日

土・日祝日、年末・年始
(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日

総合周産期母子医療センター

  • 概要

    平成22年5月より産業医科大学病院の3B病棟に母体・胎児集中治療管理室(MFICU)6床と新生児集中治療管理室(NICU)15床を一体化した周産期母子医療センターを開設しました。
    平成23年4月より県総合周産期母子医療センターに指定されました。
    平成25年9月より新生児治療回復室(GCU)6床をNICUと一体化しました。

  • 特色

    ■MFICU

    様々な合併症を持った妊婦の管理、重症妊娠高血圧症候群・胎児発育遅延・切迫早産・前期破水などのハイリスク妊娠管理、常位胎盤早期剥離・大量出血・DICなど集学的治療が必要な症例に対し集中的に治療を行う部門です。6床はすべて個室管理です。そのうち2室は、その部屋で分娩ができるような体制になっています。分娩室は、緊急に帝王切開術が必要になった時は、その場で対応できます。
    24時間体制で緊急母体搬送の受け入れに対応できるように準備しています。

    ■NICU

    MFICUとの協力体制のもとで、病的新生児の呼吸管理や早産児の全身管理はもとより、低体温療法、NO吸入療法、血液透析など幅広い治療を行っています。また、北九州市から搬送用保育器の設置を委託されており、その保育器を使用しての医師付き添いの新生児搬送なども積極的に行って、近隣の医療機関からの入院や往診依頼に最大限に対応しています。また、ファミリーセンタードケアを積極的に取り入れ、母子関係の確立と退院後の家庭での生活に配慮したケアを行っています。


NICU1(2018).jpg

NICU2.jpg


スタッフ紹介

  kusuhara.jpg
センター長
 楠原 浩一(クスハラ コウイチ)
 yosino.jpg
副センター長
 吉野 潔(ヨシノ キヨシ)
 
NICU室長                   
 荒木 俊介(アラキ シュンスケ) 
 

MFICU室長 

 柴田 英治(シバタ エイジ)

(更新日:平成30年8月21日)