新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

本院のコロナ対策 安全安心な医療を提供 安心して病院をご利用ください

患者さんへのお知らせ・お願い

■ 開館時間は8時15分です。

診療受付時間のご案内

受付時間
 ※診療科ごとに診療日が異なりますのでご注意ください。
初診 午前 8時30分~11時00分
午後

13時00分~14時30分 (形成外科、一部専門外来)

再診 午前 8時30分~11時00分
午後 13時00分~14時30分

診療日を確認する


休診日

土・日祝日、年末・年始
(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日

就学・就労支援センターの概要

センター設置の経緯と役割

 国のすすめる「働き方改革」の柱の一つとして、「治療と仕事の両立支援」があります。これは、様々な病気に対する治療が必要ではあるものの、仕事を辞めずに継続したいと希望する患者さん及びそのご家族に対し、一時的に治療により職場を休むなどの制限はあっても、労働者としてその役割を担うことができるプランを提供するものです。

 当院では、20181月に「就学・就労支援センター」を設置し、両立支援コーディネーターを配置して、患者さん及びそのご家族に対して、治療を行いながら仕事を継続できるための相談や提案を必要に応じて行っております。さらに、主治医や両立支援科医師とスムーズに連携して、企業側に治療内容や身体状況、患者さんのご希望を考慮した働き方を提案する書類(意見書)作成を支援いたします。

センターについて

スタッフ紹介

平田先生写真.jpg

センター長

平田 敬治

副院長

消化器・内分泌外科診療科長

立石先生.jpg

副センター長

立石 清一郎

両立支援科診療科長

コーディネーター写真.jpg


コーディネーターの皆さん

センター長のご挨拶 

  当院の母体である産業医科大学は、産業医を輩出する国内唯一の大学です。産業医とは、企業に勤める労働者の健康と安全を守るスペシャリストで、従業員50名以上の企業の産業医の配置は法律で決められております。当院は、所属する医師の大半が産業医経験者という特徴を活かし、産業医と連携して「治療と仕事の両立支援」にいち早く取り組み、支援数は国内トップの実績を上げております。今後も患者さん及びご家族の皆様に寄り添い、病気になっても仕事を辞めることなく、治療を行いながら働き続けるための支援を提供してまいります。


就学・就労支援センター長 平田 敬治

 

 

(令和3年8月23日更新)