新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

本院のコロナ対策 安全安心な医療を提供 安心して病院をご利用ください

患者さんへのお知らせ・お願い

■ 開館時間は8時15分です。

診療受付時間のご案内

受付時間
 ※診療科ごとに診療日が異なりますのでご注意ください。
初診 午前 8時30分~11時00分
午後

13時00分~14時30分 (形成外科、一部専門外来)

再診 午前 8時30分~11時00分
午後 13時00分~14時30分

診療日を確認する


休診日

土・日祝日、年末・年始
(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日

産業医科大学病院モバイルサイト

角膜の移植

角膜の移植

 
【角膜移植術】

 角膜は、元来透明ですが、ケガや病気のために、この部分が白く濁って「すりガラス」のようになりますと、たとえ目の奥の神経が健康であっても、視力が著しく悪くなります。この濁った角膜を取り除き、この部分に亡くなった方の透明な角膜を移植することで、視力を取り戻す手術を角膜移植術と言います。

角膜は無血管組織なので、移植の際の拒絶反応が少なく、他の臓器移植と比較して、角膜移植は成功率が高いのが特徴です。また、眼の表面の組織なので、手術後も経過観察がしやすい、薬が直接投与でき、他の組織への副作用が少ないという利点もあります。現在まで角膜移植を受けて、数多くの患者様が、視力を取り戻しておられます。

角膜移植の流れ(提供して頂いた角膜は橙色で示してあります)

isyoku1.gif

濁った角膜

 

isyoku2.gif

濁った角膜を切除します

isyoku3.gif

献眼して頂いた透明な角膜を切り出します

 

isyoku_6.gif

角膜切除の断面

isyoku5.gif

切り出した移植用の角膜切片

isyoku4.gif
透明な角膜を縫合します

[ 角膜とは ] « [ 角膜の移植 ] » [ 献眼(角膜の提供) ]