トップページ > 関連施設 > 男女共同参画推進センター > 男女共同参画における取組 > 仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境への整備等を進めるための行動計画

仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境への整備等を進めるための行動計画

本学では、次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と子育ての両立に必要な雇用環境の整備等を進めるための行動計画を以下のとおり策定いたしました。

【 学校法人 産業医科大学 行動計画 】

  職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
  1.  計画期間  平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間
  2.  内  容
    目標1 子どもが生まれる際及び子供を育てる際の各種制度の周知、推進及び男性の子育て目的の休暇の取得促進
     

    <対策>
    ・平成27年4月~  学内広報誌及びホームページを活用した周知・啓発の実施、会議等を通じての教職員、

                 管理職への周知徹底

    目標2 子どもを育てる労働者が利用できる事業所内託児施設の運営
     

    <対策>
    ・平成27年4月~  平成25年4月から定員を拡大した学内保育園を引き続き職員等が安心して利用できる

                 よう、利用者の意見等を聴取し、改善を実施しての運営

    目標3 学内全体で所定外労働の縮減
     

    <対策>
    ・平成27年4月~  学内広報誌及びホームページを活用した周知・啓発の実施、会議等を通じての教職員、

                 管理職への周知徹底

                 ノー残業デーの設定

    目標4 一人あたり平均年14日以上の年次有給休暇の取得
     

    <対策>
    ・平成27年4月~  年休月1回×12月+夏季年休2日=14日

                 学内広報誌及びホームページを活用した周知・啓発の実施、会議等を通じての教職員、

                 管理職への周知徹底

                 誕生日、記念日休暇等の取得促進

     

    (更新日 平成27年5月18日)