トップページ > 医学部 > 第2解剖学

第2解剖学

 解剖学は正常な人体の構造を追求する学問であり、その理解は医学教育の基礎として、医師を志す者にとって必須です。

 第2解剖学では、学生教育として1年次の発生学講義、2年次の内臓学講義および組織学講義・実習を担当しています。光学顕微鏡を用いた組織学実習では、正常な組織の構造を詳細に観察し、理解するだけでなく、細胞が織りなす機能美を感じて欲しいと思います。2010年に共有実習室の標本供覧システムがリニューアルされました。新しいシステムの導入により、より一層アトラクティブに、そして効果的に学生教育を行うことが可能となっております。

 また、研究面においては、形態学を基本とし、タンパク質の相互作用、細胞内における膜輸送、細胞の動態や組織構築について解析を行っています。共同研究にも、積極的に取り組んでおります。 分子形態学的手法等、光学および電子顕微鏡観察のみならず、何かございましたら、お気軽にお声をかけてください。