トップページ > 産業保健学部 > 作業環境計測制御学 > 作業環境計測制御学 研究業績

作業環境計測制御学 研究業績

宮内 博幸

【論文】

Iwasawa S, Nakano M, Miyauchi H, Tanaka S, Kawasumi Y, Higashikubo I, Tanaka A, Hirata M, Omae K: Personal indium exposure concentration in respirable dusts and serum indium level. Ind Health, 55(1), 87-90, 2017.

Higashikubo I, Miyauchi H, Yoshida S, Tanaka S, Matsuoka M, Arito H, Araki A, Shimizu H, Sakurai H: Assessment of Workplace Air Concentrations of Formaldehyde during and before Working Hours in Medical Facilities, Ind Health, 55(2), 192-198, 2017.

加部勇, 鶴岡寛子, 幸地勇, 古賀安夫, 江口将史, 松井智美, 伊藤理恵, 徳地谷洋子, 宮内博幸, 田中茂: 事業場における化学防護手袋の選択, 着用, 保守管理等に関する実態調査. 産業衛生学雑誌, 59(5), 135-143, 2017.

Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Hori H, Horie S, Horiguchi H, Ichiba M, Ichihara G, Ikeda M, Ishitake T, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kishi R, Kumagai S, Kusaka Y, Matsumoto A, Miyagawa M, Miyauchi H et.al : Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant. J Occup Health, 59(4), 364-366, 2017.

宮内博幸: 有害化学物質の測定・分析法 2-ブロモプロバン. 作業環境, 38(6), 41-43, 2017. 

宮内博幸, 堀雅宏, 田中茂: 酸素欠乏事故に対する課題と装着形酸素濃度計の活用. 安全工学57(4), 280-285, 2018.

宮内博幸,中野真規子,平田美由紀,田中昭代,岩澤聡子,衛藤憲人,大前和幸,田中茂:  個人曝露濃度測定における同等曝露作業者グル-プ・Similar Exposure Group(SEG)設定方法の検討(Indium Tin Oxide(ITO)ターゲット研削作業工程における1例). J Occup Envi Health 40(4), 323-329, 2018.

石井健太,西野入修,竹内靖人,海福雄一郎,山本忍,宮内博幸,圓藤吟史: 作業環境中3.3-ジクロロ44-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)の新規測定法の開発. 40(2), 2019. 

石松 維世

【著書】

石松 維世:室内環境における微生物対策(分担:第3章 室内微生物の検出法・測定法 3.3迅速検出法および3.4室内微生物叢の解析)、室内環境学会微生物分科会編、pp. 62-75、技法堂出版、東京 (2016-03)

石松 維世:最新の抗菌・防臭・空気室制御技術(土戸哲明・山口一編集)、第3章第1節第8項 DNA解析-PCR法・リアルタイムPCR法、p.227-232、テクノシステム、東京、総ページ数pp.588(2019年07月14日発行)

【論文】

石松 維世・樋上 光雄・保利 一:大学における用途の異なる室内の浮遊真菌および細菌濃度の長期変動と発生源、室内環境、19(2):99-110 (2016-12)

石松 維世:浮遊微生物の測定方法の標準化と室内環境汚染研究の現在、安全衛生コンサルタント、37(121):54-58 (2017-01)

石松 維世:室内浮遊微生物研究の現状と課題、クリーンテクノロジー、28(11):1-5 (2018-11) 

【シンポジウムパネリスト等】

石松 維世:シンポジウム「室内環境と健康-これからの課題-」 室内微生物研究の現状と課題、平成29年室内環境学会学術大会 佐賀(2017年12月13日)

石松 維世:基調講演 環境微生物の分析・評価法の過去、現在、未来、2018年室内環境学会講演会、千葉(幕張)(2018年09月07日)

石松 維世:浮遊微生物の測定方法と評価-濃度から菌叢解析まで-、第29回日本産業衛生学会全国協議会、仙台 仙台国際センター(2019年09月13日)

最新版は個人のページ

石田尾 徹

Ishidao T, Ishimatsu S, Hori H: Estimation of equilibrated vapor concentrations using the UNIFAC model for the tetrachloroethylene-chlorobenzene system.J UOEH 38(1):9-16,2016

Ishidao T, Fueta Y, Ueno S, Yoshida Y, Hori H: A cross-fostering analysis of bromine ion concentration in rats that inhaled 1-bromopropane vapor.J Occup Health 58(3):241-246,2016

石田尾徹,石松維世,保利一: 局所排気装置における外付け式フード形状と風速の距離減衰との関係.作業環境36(4),32-37,2015

最新版は個人のページ

樋上 光雄

樋上 光雄,保利 一:破過曲線から示されるコーヒー抽出カスの揮発性有機化合物吸着特性.Journal of UOEH in press

樋上 光雄,保利 一:作業環境測定における固体捕集法の新たな脱着法の検討ー界面活性剤溶液によるヤシ殻活性炭からの有機溶剤の脱着率向上の試みーJournal of UOEH 39 (2) .181-185.

MitsuoHINOUE, Sumiyo ISHIMATSU, Yukiko FUETA, Hajime HORI:A new desorptionmethod for removing organic solvents from activated carbon using surfactant. JOccup Health.59. 194-200.

石松 維世,樋上 光雄,保利 一:大学における用途の異なる室内の浮遊真菌および細菌濃度の長期変動と発生源.室内環境19(2). 99-110.

Hajime HORI, Mitsuo HINOUE, Sumiyo ISHIMATSU, Yukiko FUETA, Toru ISHIDAO,Kaori TAKABATAKE, Natsumi YAKIYAMA and Kiyoshi YAMAMOTO:DecompositionCharacteristics of Toluene Vapor Using Titanium Dioxide Photocatalyst andZeolite Thermally Sprayed on an Aluminum Fiber Filter.J UOEH.38(4). 305-309

樋上 光雄,石松 維世,石田尾 徹,笛田 由紀子,保利 一:使用後防じんマスク面体の嫌気性細菌汚染とその対策.産業衛生学雑誌58(5) .173-178.

Hajime HORI, Sumiyo ISHIMATSU, Yukiko FUETA, Mitsuo HINOUE, Toru ISHIDAO: Comparison ofsensor characteristics of three real-time monitors for organic vapors. J OccupHealth.57. 13-19.

最新版は個人のページ

山本 忍

石井健太,西野入修,竹内靖人,海福雄一郎,山本忍,宮内博幸,圓藤吟史.作業環境中3,3'-ジクロロ-4,4'-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)の新規測定法の開発:作業環境 40(3):46-53, 2019

Akito Takeuchi, Akira Namera, Norihiro Sakui, Shinobu Yamamoto, Kenji Yamamuro, Osamu Nishinoiri, Yoko Endo, Ginji Endo. Direct methyl esterification with 2,2-dimethoxypropane for thesimultaneous determination of urinary metabolites of toluene, xylene, styrene,and ethylbenzene by gas chromatography-mass spectrometry. J Occup Health 61:82-90, 2019

Shinobu Yamamoto, Akiko Matsumoto, Yuko Yui, Shota Miyazaki, Shinji Kumagai, Hajime Hori, and Masayoshi Ichiba. Determination for urinary metabolites of N, N-dimethylacetamide by high-performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry: J Occup Health 60(2):140-147, 2018

Akito Takeuchi, Noriko Sakano, Shinobu Yamamoto, Nobuyuki Miyatake. Relationship Between Smoking and Precarious Employment Situations in All 47 Prefectures of Japan: J Shikoku Public Health Society 62(1):85-87, 2018

最新版は個人のページ