トップページ > 関連施設 > 産業生態科学研究所 > 健康支援部門 Group for Occupational Health Support

健康支援部門 Group for Occupational Health Support

 本部門は、放射線衛生管理学、産業保健管理学、産業精神保健学、健康開発科学の研究室から構成され、それぞれの専門分野で基礎から応用まで幅広い研究を行っている。また、実践的なマニュアルやツール、プログラムの研究開発にも力を注いでいる。

 産業保健領域における重要課題である物理的要因(暑熱、騒音、筋骨格系、放射線等)による健康影響、職場のメンタルヘルス、過重労働対策、健康増進、中高年齢労働者に関する諸問題への対応を研究課題として取り組んでいる。

 放射線衛生管理学研究室では、マウスを用いた低線量・低線量率影響の研究、医療被ばくやその防護に関する研究や、福島第一原子力発電所作業者の健康障害予防に取り組んでいる。産業保健管理学研究室では、労働衛生法令、過重労働対策等の政策研究および暑熱、騒音等の物理的要因による健康障害を予防する実験研究に取り組んでいる。 産業精神保健学研究室では、職場復帰支援、職業性ストレスの評価をはじめとするメンタルヘルス対策の方法論の開発、職場環境改善のための支援ツールや介入手法の開発と実践、効果評価などのほか、小規模事業場、病院等の特定の業種の職場を対象とした対策プログラムや教育ツール、マニュアルの開発を行っている。健康開発科学研究室では、中高年労働者が健康に働くための職域・地域における健康の保持増進を目的として、生活習慣の修正(運動)の効果評価、改正健康増進法に基づく喫煙・受動対策(加熱式タバコを含む)の研究や禁煙支援のためのツールの開発などを行っている。

スタッフ

(2020.10.1現在)

放射線衛生管理学 教員 岡﨑 龍史(教授)、盛武 敬(准教授)
香﨑 正宙(学内講師)、Mahesh Bekal(特任助教)
大学院生 (産業衛生学専攻博士後期課程)
茂呂田 孝一、永元 啓介、中上 晃一、松崎 賢
(産業衛生学専攻博士前期課程)
栗山 智子
産業保健管理学 教員 堀江 正知(教授)、永野 千景(助教)
修練医 福澤 君枝、寶珠山 夏子、森 貴美代、田中 里穂
大学院生 (医学専攻):権守 直紀、井上 大輔、橋本 花穂里、
日比野 浩之、西 健斗、福澤 君枝、森 貴美代
産業精神保健学 教員 江口 尚(教授)、真船 浩介(講師)、日野 亜弥子(助教)
修練医 有賀 駿、山田 美咲
大学院生 (産業衛生学専攻博士後期課程) 
山本 希望、西山 陽子、古澤 隆太朗、池田 智、杉村 直哉
(産業衛生学専攻博士前期課程) 
石掛 陽介朝長 諒、中尾 由美、杉野 美由紀、有賀 駿
健康開発科学 教員 大和 浩(教授)、姜 英(学内講師)
修練医 藤本 俊樹
大学院生 (産業衛生学専攻博士後期課程) 
山本 希望、西山 陽子、古澤 隆太朗、池田 智、杉村 直哉
(産業衛生学専攻博士前期課程) 
石掛 陽介、朝長 諒、中尾 由美、杉野 美由紀、有賀 駿