トップページ > 産業保健学部 > 基礎看護学 > 基礎看護学 教育内容

基礎看護学 教育内容

講座が担当する教育概要と特色

 基礎看護学では、看護を構成する基本的概念と専門職としての看護のあり方、看護実践のための基本的方法論について教授します。
 具体的には看護実践の基本となる概念、倫理を教授し、さらに人との関わり方や基本的姿勢と看護の役割機能を達成するための看護実践の方法論についてです。

 ここで学ぶ看護実践の方法論とは、対象を理解するために必要な面接技術やフィジカルアセスメント技術、看護過程、さらに生活の質の維持・向上のための生活行動援助の基本的技術と臨床場面でよく用いられる看護技術を示しています。そして、その技術を習得し、実践へ適用していく力の育成を目指しています。

講座で担当する科目とその内容

1年生

  • スタートアップ教育
  • 生活援助論
  • 生活援助技術演習
  • 看護学概論
  • 看護実践論
  • ヘルスアセスメント演習
  • 基礎看護学実習Ⅰ(生活援助)

2年生

  • 診療援助技術演習
  • 看護過程演習
  • 基礎看護学実習Ⅱ(看護過程)

4年生

  • 看護研究
  • 看護学統合実習
  • 看護倫理学
  • 看護管理学

スタートアップ演習

高校からの円滑な移行を図り、学習および人格的な成長に向けて大学での学問的・社会的な諸経験を成功させるべく、主に大学新入生を対象の総合的に作られた教育プログラムであり、本学では、本学の設立の目的や卒業生の活躍の場を知ることから始めます。

 「現代社会に求められる看護」として学長の講演、医師の立場から病院長の講演、看護師の立場から看護部長兼副病院長の講演を入学直後に受けます。その後は、大学で必要な学習スキルの習得としての、図書館司書による情報検索技術、図書館の利用法、キャリアガイダンスなどが実施されます。

 先日行われたコミュニケーションワークではぎこちない友人関係が一気に仲良しの仲間となり、笑顔あふれる講義となりました。

自校教育

コミュニケーションワーク

ポートフォリオ発表会

Healing Touch演習

診療援助技術演習

バイタルサイン